【検索ボリュームの調べ方】永遠に無料で使える超便利ツール、キーワードサーファーの使い方

今回の話題はキーワードの調査についてです。

キーワードを選定しようとする時、
キーワードの検索ボリュームを
正確に知ることは重要ですね。

検索キーワードのボリュームを調査できるツールとして

・Googleのキーワードプランナー

・Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

があります。

これら2つを使えばキーワードのボリュームは
調査できます。

問題はどちらも有料版でないと満足に調査できないところ。

キーワードプランナーはグーグルのアカウントを取り
有料版でなければ調べるキーワードのボリュームの
正確な数が把握できません。

「100~1000」

「1000~10000」

などとあいまいな数でしか表示されない仕様になっています。

また、それに代わるツールがウーバーサジェストです。

こちらは無料版なら1日に3回程度の検索なら出来ます。

それ以上使う場合にはやはり有料版を選択するしかありません。

そこで無料でずっと使える
キーワードボリューム調査ツールはないか・・・

「あります!」

それが今回お伝えするツール

「Keyword Surfer」(キーワードサーファー)です。

Keyword Surferはグーグルクロームの拡張機能

キーワードサーファーはグーグルクロームの拡張機能です。

まずはグーグルクロームで

「Keyword Surfer」と検索します。

するとこの画面になります。

「拡張機能」に追加をクリックします。

そして例として

「検索ボリューム 調べ方」で検索してみます。

するとこんな画面が出てきます。

月間検索数、ボリュームが正確に分かる

「サジェスト」というキーワードの月間検索数は

「12100」

ということが分かります。

なおデフォルトの画面ではこのように
キーワードが5つしか表示されません。

赤枠を部分をクリックすれば
最大で20コまでキーワードを表示できます。

キーワードと検索ボリュームをcsv出力することも出来る

キーワードサーファーは調べたキーワードとその検索ボリューム数を
クリップボードにコピーして、CSV出力することが出来ます。

使い方はキーワードと検索ボリュームのリストから
csv出力したいキーワードの右にある★マークをクリックします。

★マークをクリックするとクリップボードに保存されます。

赤枠で囲っている部分をクリックして「Export as CSV」を選びます。

エクセルシートにCSVとして出力されました。

ウーバーサジェストとの違いはあるか

ウーバーサジェストは総合SEO対策ツール

ウーバーサジェストはキーワードだけでなく
競合サイトが検索エンジンからどれくらいの検索流入があるのか、
どんなキーワードでそのサイトがアクセスを集めているのかが分かります。

自身のサイトの検索ランキングをトラッキングする機能も備わっています。

グーグルアカウントでのログインが要らない

ウーバーサジェストを利用するにはGoogleアカウントでのログインが必要です。

キーワードサーファーははGoogleアカウントでログインする必要はありません。

ウーバーサジェストとキーワードサーファーで調べられる数値はほぼ同じ

先ほどキーワードサーファーで調べた数値を
ウーバーサジェストでも調べてみました。

結果はほぼ同じ。

それなら1日で検索できる数に制限があるウーバーサジェストを
いつまでも使い続ける必要はないですよね。

検索ボリューム調査にキーワードサーファーを利用することを
強くおススメします。

・・・

私がブログに記事を投稿したら

必ず義務付けていることが2つあります。

たったひと手間で検索順位が爆上がり・・・

そんな極秘のノウハウをあなただけにお教えします。

>>無料ノウハウレポートを今すぐ受け取る

レポートでお待ちしています。

 

 

コメントを残す