有力な被リンク先の1つだった、NAVERまとめが2020年9月30日にサービス終了

LINE(ライン)が7月1日、
まとめサイト「NAVER(ネイバー)まとめ」
を9月30日で終了する

と公式ブログで発表しました。

NAVERまとめは一般の人が
ネット上の情報を編集して
記事を投稿できるサイト。

月間訪問者は約4800万人(昨年8月時点)。

すべての記事が
10月以降非表示となるそうです。

また1つ有力な被リンクサービスが
終了しますね。

NAVERまとめはもちろん無料サイトです。

2009年のサービス開始以来
利用者を増やしていきました。

その過程で著作権を侵害する
画像の使用などが問題になったことも。

サービス提供元のLINEは
検索事業に参入も検討中です。

ブロガーにとって有力な被リンク先を失うことに

それにしてもNAVERまとめが
サービスを終了するのは
ブロガーにとって痛いですよね。

NAVERまとめは無料で、
かつ強い被リンクを得られる
サービスとして知られていました。

ブロガーがNAVERまとめを被リンク先
として使う手法としては

まず

・NAVERまとめに自分のブログの
関連まとめを作成する

・そのまとめにさりげなく
自分のブログを紹介する

という手法でした。

いいまとめが出来れば
1日で数千~数万のアクセスがあるほど
NAVERまとめは有力なサービスでした。

まあ言ってみれば
自作自演だったのですが・・・

そういう使われ方も
今回サービスを終了する
一因になったのかもしれません。

被リンクサービスが続々とサービス終了

今年に入ってやはりブロガーにとっては
有力な被リンクサービスとして知られた

楽天ソーシャルニュース

のサービス終了がありました。

楽天ソーシャルニュースに関しては
厳密に言えばサービス終了ではありません。

仕様変更にあたるのかもしれません。

ですがリニューアルを経て誕生した
新生ソーシャルニュースは
ブロガーにとっては使えない
サービスになってしまいました。

「自分のブログのURLを登録できない・・・」

それまでソーシャルニュースのパワーは
すごいものがありました。

自分のブログの記事の検索順位よりも
ソーシャルニュースの方が上

といったことも多々ありました。

その恩恵を受けたアフィリエイターも
多かったはずです。

私もその中の1人でした・・・

今回のNAVERまとめのサービス終了は
ソーシャルニュース同様に
大きなショックを受けた人が多いのでは?

被リンクはブラックSEOに頼るしかない?

無料でしかも気軽に使えた
被リンクサービスのNAVERまとめ。

さらにソーシャルニュース。

無料で被リンク先を見つけるのは
困難な時代に突入しました。

かと言って有料の被リンクに頼れば
グーグルの知るところになるでしょう。

ブラックSEOももはや時代に合わない
と言わざるを得ません。

それでは今後は何に頼るのか・・・

検索順位を上げる、グーグルから高評価を得る

そのためにはやはり原点に戻って
記事の良質化が
より必要になるのかもしれません。

・・・

私がブログに記事投稿したら
必ずやっているひと手間があります。

それをすることで記事投稿直後から
検索順位が一気に駆け上がる・・・

そんな魔法のノウハウを知りたくないですか?

今だけあなたにお教えします。

>>無料ノウハウレポートを今すぐ受け取る

お待ちしています。

コメントを残す