エックスサーバーで運営するワードプレスブログを常時SSL化する方法

エックスサーバーで運営している
ワードプレスブログの常時SSL化

つまり

「http」➡[https」

に変更する方法を解説します。

この作業はサイトの信頼性を保つため
絶対必要な作業です。

新規でドメインを登録する時に
一緒に設定しておけばラクです。

エックスサーバーの管理画面から

対象になるドメインを選択してから

「SSL設定」を選んで

「独自SSL設定追加」をクリック。

その先はワンクリックで済みます。

サイトのURLが「https」になるまでに
1時間ほどかかります。

・・・

ドメインを新規で取得したばかりの時に
SSL化をする方法が一番カンタンです。

今回は既に「http」で運営している
ワードプレスブログを「https」化する
一般的な方法を解説していきます。

なおエックスサーバーなら無料で出来ます。

データベースをバックアップする

まずはワードプレスブログの
データベースのバックアップを取ります。

プラグイン「BackWPup」を
新規追加します。

 

プラグインを有効化。

すると左側のサイドバーに
「BackWPup」というメニュー項目が出来ます。

ここから「ダッシュボード」→「1クリックバックアップ」
という項目に進みます。

そして「データベースのバックアップをダウンロード」
をクリックするとSQLファイルがエクスポートされます。

エックスサーバーの管理画面からSSL設定を行う

エックスサーバーの管理画面からSSL設定を行います。

サーバーパネルから「SSL設定」を選びます。

SSL化したいドメインを選択。

ページが切り替わったら
「独自SSL設定の追加」をクリックします。

そして「独自SSL設定を追加する」をクリック。

これでサーバー側の設定は完了です。

・・・

次の作業は「https://~」でサイトが
表示されるのを確認してから行います。

ワードプレスの設定からURLを変更する

ワードプレスのダッシュボードから

「設定」→「一般」と進みます。

「WordPress アドレス (URL)」と
「サイトアドレス (URL)」を変更していきます。

ここのURLを「http」→「https」にします。

内部リンクを「Search Regex」を使って置換する

次にデータベースの中身を変更します。

プラグイン、「Search Regex」を追加します。

データベースに残っている旧いURL(http)を
新しいURL(https)に書き換える作業をします。

プラグインを有効化したら
[Search Regex]の設定画面から
一括置換を行います。

「Search pattern」には旧URLを入力します。

「Replace pattern」には新URLを入力。

そして

「Replace & Save:をクリックします。

これで書き換える作業をします。

「.htaccess」にリダイレクト用のコードを追記する

最後の作業は「.htaccess」ファイルにコードを
追記してリダイレクトの設定します。

エックスサーバーの管理画面に入り
対象ドメインを選択し

「.htaccess編集」をクリック。

https://www.xserver.ne.jp/manual/man_server_fullssl.php

上記リンク先に飛んで下記コードをコピーします。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

このコードを「.htaccess」に追記します。

これで変更をクリックして完了です。

・・・

常時SSL化は必須作業です。

おススメなのはサイト開設
と同時にやってしまうこと。

これならデータベースのバックアップなど
面倒な作業が伴いません。

まだの方はぜひ挑戦してみてください。

・・・

私が記事更新と同時にやっている
検索順位が一気に上がる方法があります。

今そのノウハウをまとめたレポートを
プレゼント中です。

>>今すぐノウハウレポートを受け取る

お待ちしています。

コメントを残す