ブログ開設初期のアクセスアップ グッドキーワードの使い方やメリット キーワード選定の方法

ブログを開設下ばかりの頃は
なかなかアクセスが来ないもの。

いくら記事を書いても
ブログにアクセスがない・・・

そもそもそれは記事タイトルと
キーワード選定に誤りがあるのかもしれません。

そして記事投稿したら別ページで紹介した
外部リンクを利用して被リンクを受ける

それも大切です。

それについてはこちらを参照してください。

・ピンタレストを利用して
被リンクを受ける方法

・・・

今回は無料の便利ツールを使って
ユーザーからより検索されやすい
キーワードを見つける方法を紹介します。

その無料ツールは

good keyword

です。

「good keyword」はトレンドアフィリエイトの
キーワード選定でよく使われる無料の便利ツールです。

記事ネタを見つけた時に
記事タイトルに入れるキーワードが
本当にこれでいいのか迷うもの。

このキーワードで本当に
アクセスが集まるのか・・・

good keywordを使えば
長期的にアクセスが集める
キーワード選定がわかるようになります。

good keywordの使い方について
解説していきたいと思います。

根拠のあるキーワード選定が大切

アフィリエイトで成果が出ない人は
キーワード選定がうまくできていません。

・需要のないキーワードで記事を量産している

・ライバルチェックを丁寧にしていない

これがアフィリで成果で出ていない人の特徴です。

それでもアフィリを始めたばかりの頃は
キーワード選定にはかなり時間がかかってしまうもの。

キーワードを選ぶときに大事なのは

なぜこのキーワードだとアクセスが集まるのか
根拠のあるキーワード選定をしていかなければなりません。

そこで役立てたいのがgood keywordです。

以下にそのメリットを見ていきましょう。

good keywordツールを使うメリット

キーワード選定を行う時にヤフー虫眼鏡だけでなく
good keywordもぜひ併せて使いたいもの。

・アクセスの需要があるのかが確認ができる

・ヤフー虫眼鏡にはないニッチなワードも発見できる

・長期的にアクセスがあるかキャッチできる

・・・

good keywordはアクセスの需要を確認出来て
ヤフー虫眼鏡に表示されないニッチなキーワード
を見つけることが出来ます。

長期的なアクセスを集めたい場合
このgood keywordを使うのがおススメです。

good keywordの基本の使い方

good keywordはこのページです。

使い方は至ってシンプルです。

メインのキーワードを入力して検索するだけです。

good keywordの見方

検索してチェックする項目は3つあります。

画面は例としてAKB48の倉野尾成美の名前で検索してみました。

メインになるキーワードに関連する
キーワードの一覧表が出てきます。

 

検索されることの多いキーワードが自動で表示されるシステム。

1.名前や物、イベント名などを入力

2.検索をクリック

3.キーワードに関して検索される関連ワードの数をみて需要があるか確認

4.検索ボリュームが右肩上がりであることを確認

メインキーワードの検索ボリュームを
確認をするときは右下のグラフを確認します。

グラフが右肩上がりのなっていれば
今後も検索需要が多いことを現します。

「倉野尾成美」を見た時に2017年に
2度検索需要がとても大きかったこtが分かります。

しかし現在に近づくにつれて検索ボリュームが
落ちつつあることが分かります。

ヤフー虫眼鏡で出てくるキーワードと比較してみましょう。

以下の画面がそれです。

このようにgood keywordで検索した方が
圧倒的に多くのキーワードが拾えます。

ちなみに倉野尾成美の横に表示される
「G・B・Y」という表示の意味は

・G=Google

・B=Bing

・YはYahoo!

の検索エンジンで出てくる検索結果のことです。

good keywordで効率的にアクセスを集めるキーワード選定法

GoogleやBingサジェストでの検索で
メインキーワードが出てきます。

これらを参考にニッチなキーワードを見つけ
キーワード選定することができます。

ブログ立ち上げ時でまだドメインパワー
が弱い時期だったとします。

その場合、基本は2語以上(複合キーワード)で
キーワード選定をしていった方がいいでしょう。

例えば次に「倉野尾成美 画像」の2語で検索してみました。

すると

「山田菜々美 倉野尾成美 画像」という
ニッチな複合キーワードが見つけられました。

山田菜々美は卒業した元メンバーの名前です。

倉野尾成美の他メンバーとの
交友関係が見て取れます。

このようなキーワードを狙う時は
完全に自分の興味本位でいいでしょう。

私が記事を書き、タイトルを付けるなら

「卒業した山田菜々美と倉野尾成美の2ショット画像発見!」

卒業した元メンバーの中でも倉野尾成美が
仲が良かったメンバーは誰か気になる人もいるでしょう。

検索者の目線に立って記事タイトルを付けてみてください。

こんな感じで需要の大きなビッグキーワードから
ニッチなワードを選んでタイトルを決めてください。

good keywordのデメリット

good keywordはニッチなワードを見つけられますが
デメリットはリアルタイムには向いていません。

記事を書いて今すぐアクセスを集めたい・・・

そんな場合にはツイッターやヤフー虫眼鏡を使って
キーワードを見つけて記事を書く方がいいでしょう。

ヤフー虫眼鏡をメインにし、good keywordは補助ツール

goodkeywordは検索需要の高さを確認できたり
検索需要の大きなキーワードを一目で確認できます。

しかし圧倒的に検索需要が大きいのはヤフー虫眼鏡です。

理由は検索する人は検索窓にキーワードを入れて調べますが
流れでヤフー虫眼鏡にあるキーワードが気になって
そのままクリックすることが多いからです。

基本はヤフー虫眼鏡からキーワードを選定して
補助ツールとしてgoodkeywordを使うのがいいでしょう。

ヤフー虫眼鏡のキーワードではライバルが強すぎる、
勝負できない時やドメインパワーが弱いときに
goodkeywordを使ってニッチなキーワードを見つける

そうやってキーワード選定をするのがベストと言えます。

検索の寿命を考えて過去10年間のGoogleトレンドを有効活用

good keywordでは過去10年間の
検索ボリュームの推移を示してくれます。

今回は倉野尾成美の名前で検索をかけてみました。

しかし人だけでなく年中アクセス集められる
ネタを使ってキーワード選定することにも適しています。

例えば、年中需要のあるもののほか
季節ごとに需要が出てくるもの

「クリスマス」

「お正月」

「恵方巻き」

に関してのキーワードがあります。

こういったキーワードは何十年後も
検索される年間を通しても安定した記事ネタになります。

サイトが強くなってきたら、
年中アクセスの集まるキーワードをメインにしてみる。

そうした時にgood keywordを使って
記事タイトルを考えるもいいでしょう。

good keywordの総括

・goodkeywordはリアルタイムには向いていない

・goodkeywordはヤフー虫眼鏡の補助的なツール

・年中アクセスを集めるトレンドネタのキーワード選定に使うのもいい

ドメインパワーの弱いブログ立ち上げの時は
有効活用できます。

サイトパワーが強くなった時は
需要の大きなキーワードを拾ってみましょう。


・・・

私は今回紹介したノウハウも
記事作成時に習慣化していること。

そしてブログに記事を投稿したら
必ずひと手間をかけています。

そうすることでグーグルから
ものの数分ふぇインデックスされます。

投稿したばかりの記事の検索順位が
検索順位上位に一気に駆け上がる・・・

そんなノウハウを今だけ公開しています。

>>無料ノウハウレポートを今すぐ受け取る

レポートでお待ちしています!

コメントを残す